白抜き紋

Contents
●鎌倉の主-征夷大将軍
●鎌倉幕府の執権-北条氏
●鎌倉武家政権を担った武将家
(45家)
●武将家割拠地図
●源平時代から鎌倉幕府へ
(年表)
●抗争の鎌倉府-北条氏の謀略
●鎌倉武士のユニット-惣領制
●リアリズムの鎌倉-新文化の勃興
●鎌倉の権力者-執権抄伝
●北条氏の宿敵-三浦一族
●鎌倉の鎮守-鶴岡八幡宮

系図は、尊卑分脈を基本として、系図綜覧・古代豪族系図集覧・戦国大名系譜人名事典・ 歴史読本-戦国大名系譜総覧・日本史小百科-家系、その他出版物のものを参考にして作成しました。
[家伝資料:前記に同じ]
ヘッダイメージ




鎌倉武家政権を担った─武将家。

伊達氏/秩父氏/千葉氏/土肥氏/長尾氏/二階堂氏




伊達氏
●竪三つ引●藤原北家山蔭流 

藤原北家山蔭流の常陸介実宗が、常陸伊佐荘を領して伊佐姓を称したが、五代目の朝宗の娘大進局が頼朝の御落胤貞暁を生んだことから、奥州征伐後に朝宗は陸奥国伊達郡を拝領して移住、伊達と改姓したのが始まりとされる。のち戦国時代に独眼流政宗が出て東北地方を経略、江戸時代も仙台にあって大大名として明治維新まで存続している。
●系図を見る

秩父氏
●三つ花菱/三本傘●桓武平氏秩父氏流 

桓武平氏良文流の武基が武蔵国秩父郡を領して秩父氏を名乗る。しかし、嫡系五・六代目にあたる重能・重忠父子は武蔵国畠山荘を領して畠山姓を称した。畠山重忠はもっとも坂東武士らしい武士とうたわれ、源平合戦でも数々の功を挙げたが、のちに北条氏の計略にあって滅んだ。諸家に河越・江戸・豊島・葛西・小山田氏などが分流している。
●系図を見る

千葉氏
●月に星●桓武平氏忠常流 

下総国千葉荘が本領。桓武平氏忠常流で、坂東八平氏の一。源平合戦期の常胤は、石橋山敗戦直後の頼朝に味方して感謝され、頼朝存生中の鎌倉幕閣でナンバーワンの地位を与えられていた。宝治元年の三浦合戦の直後、三浦氏与同の咎で北条時頼に攻められて惣領家は滅亡したが、庶流の東・下総・武石・大須賀・国分・相馬などの諸氏は各地で繁栄した。
●系図を見る

土肥氏
●左三つ巴/俎板に真魚箸(矢継原合戦記)
●桓武平氏良文流
 

相模国土肥郷が本領。桓武平氏良文流。源平合戦期の実平が。石橋山敗戦直後の頼朝の危難を救い、備前・備中・備後三国の守護に補任。建保元年の和田合戦に、孫の惟平が和田側として斬首。以降、この子孫は安芸国都宇荘・竹原荘に移住して小早川と改姓。やがて、吉川氏とともに「毛利の両川」とうたわれることになる。庶家に土屋、二宮などが出ている。
●系図を見る

長尾氏
●九曜巴(矢継原合戦記)●桓武平氏忠通流鎌倉党 

桓武平氏忠通流鎌倉党の支族。相模国長尾郷が名字の地。坂東八平氏の一。石橋山合戦では頼朝に敵対したが、鎌倉時代には三浦氏被官となり、三浦合戦で没落した。室町時代に犬懸上杉氏、次いで扇谷上杉氏の家宰となった。長尾景春の乱が著名。戦国時代の上杉謙信は越後守護代長尾為景の子で、上杉氏の名跡を継いだもの。
●系図を見る

二階堂氏
●二階堂村濃/立砂(矢継原合戦記)
●藤原南家武智麿流工藤氏族
 

藤原南家武智麿流工藤氏の一族。「二階大堂」と俗称された鎌倉永福寺の近くに住んだので二階堂氏を呼称した。源平合戦期の行政の母が頼朝の母(熱田大宮司季範の娘)の妹で、行政の娘が北条義時室であったこともあって、以降の歴代は政所の所司・評定衆など幕府官僚として活躍し、室町幕府でも吏僚として存続した。戦国大名の大須賀二階堂氏はこの裔という。
●系図を見る
 

バック index 戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧