白抜き紋



Contents
●鎌倉の主-征夷大将軍
●鎌倉幕府の執権-北条氏
●鎌倉武家政権を担った武将家
(45家)
●武将家割拠地図
●源平時代から鎌倉幕府へ
(年表)
●抗争の鎌倉府-北条氏の謀略
●鎌倉武士のユニット-惣領制
●リアリズムの鎌倉-新文化の勃興
●鎌倉の権力者-執権抄伝
●北条氏の宿敵-三浦一族
●鎌倉の鎮守-鶴岡八幡宮

系図は、尊卑分脈を基本として、系図綜覧・古代豪族系図集覧・戦国大名系譜人名事典・ 歴史読本-戦国大名系譜総覧・日本史小百科-家系、その他出版物のものを参考にして作成しました。
[家伝資料:前記に同じ]
ヘッダイメージ




鎌倉の鎮守─鶴岡八幡宮




 逢坂の関以東、坂東の八幡宮といえば鶴岡八幡宮のことを指す。鎌倉時代以来「関東」といえば源頼朝およびその政体を現している。
 鎌倉に八幡宮が祀られたのは早く、康平六年(1063)秋八月といわれる。源頼朝は治承四年(1180)伊豆に兵を起こすが敗れて、石橋山から安房・下総に逃れ、関東八ケ国の武士の協力を求める。その間二か月足らずで坂東武者の大勢が旗下に集まり、拠点は鎌倉に置くべしと進められる。
 鎌倉は海は海道として開け、三方が山に囲まれた要害の地。それに先祖が既に社を経てて東国源氏の本拠でもあった。源頼朝は大軍とともに鎌倉に入り、二日後には鶴岡八幡宮を現在地に遷し、次いで、源平池・若宮大路等を造成し、境内および神職らの居住地を定め、自らの居館を決定した。『吾妻鑑』には、「祖宗を崇めんが為めに」と記している。
 源頼義・義家以下の源家の東国における家職を継承することを宣言し、頼義以来旗下にあった平氏・藤原氏等を出自とする武士団らの所領安堵の保証を行ったわけである、いわゆる「お墨付き」の始まりである。
 鶴岡八幡宮は、源家嫡流が奉斎する氏神で、家祖以来の鎌倉殿の正統の職務であった。頼朝は、その後京都の藤原氏を通じ、和平を図るが、八幡宮に七夜を籠って手紙を書いたと告げる。京都では八幡神は春日社とともに絶大な霊験の神であったから、その意義は大きかった。
 かくして、草創期十年を経て関東以西の治安は頼朝の掌握するところとなった。そして、建久二年(1191)十一月二十一日、現在の山腹に上宮を建て、改めて京都から石清水八幡宮を勧請し、下宮の若宮と両社を中心にした社殿が創成され、結構が整えられたのである。以後、歴史の推移とともに若干の変化をみたが、社頭はよく創創期の状況を留めている。
.. ●八幡宮の神紋-鶴丸


八幡宮の神紋といえば「三つ巴」が多い。宇佐八幡宮・石清水八幡宮も三つ巴紋を用いている。
鶴岡八幡宮の神紋の「鶴丸」は、源頼朝が千羽の鶴の足に金の短冊をつけて放った故事にもとづくと伝えられている。
 
 
 

バック index 戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧