白抜き紋

Contents
●鎌倉の主-征夷大将軍
●鎌倉幕府の執権-北条氏
●鎌倉武家政権を担った武将家
(45家)
●武将家割拠地図
●源平時代から鎌倉幕府へ
(年表)
●抗争の鎌倉府-北条氏の謀略
●鎌倉武士のユニット-惣領制
●リアリズムの鎌倉-新文化の勃興
●鎌倉の権力者-執権抄伝
●北条氏の宿敵-三浦一族
●鎌倉の鎮守-鶴岡八幡宮

系図は、尊卑分脈を基本として、系図綜覧・古代豪族系図集覧・戦国大名系譜人名事典・ 歴史読本-戦国大名系譜総覧・日本史小百科-家系、その他出版物のものを参考にして作成しました。
[家伝資料:前記に同じ]
ヘッダイメージ




鎌倉武家政権を担った─武将家。

山内氏/結城氏/和田氏




山内氏
●三つ柏●藤原北家魚名流 

相模国山内荘が名字の地。藤原北家魚名流。資通の代に主馬首だったところから首藤とも称し、通義の代に刑部丞だったので首藤刑部とも名乗った。源平合戦期の経俊は山内首藤刑部とも称している。石橋山合戦に頼朝に敵対したので山内荘は没収された、しかし母が頼朝の乳母だったので鎌倉御家人にはなれた。子孫はのちに安芸に移住した。土佐藩主の山内家もこの裔と伝える。
●系図を見る

結城氏
●三つ巴/五本筋(矢継原合戦記)●秀郷流藤原氏 

秀郷流藤原氏で下野国小山御厨の領主だった小山政光の七男七郎朝光が、頼朝から下総国結城郡を拝領して結城姓を興した。なお朝光の母寒河尼は八田宗綱の娘で頼朝の乳母、朝光の「朝」は頼朝からの偏諱を受けたもの。また、朝光は頼朝の落胤という俗説もある。室町時代には常総の地で活躍して、関東八家の一に数えられている。
●系図を見る

和田氏
●七曜星●桓武平氏良文流 

桓武平氏良文流の三浦義明の嫡孫の和田義盛が初代。相模国和田郷が本領といわれてきたが、安房国和田郷が本領だった可能性もあるようだ。義盛は鎌倉幕府侍所の初代別当にもなったが、建保元年に和田合戦を起こして族滅。庶家に朝比奈・金窪・高井・杉本などがあり、室町・江戸両幕府にも、子孫の名が見られる。
●系図を見る
 

バック index 戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧