白抜き紋

Contents
●鎌倉の主-征夷大将軍
●鎌倉幕府の執権-北条氏
●鎌倉武家政権を担った武将家
(45家)
●武将家割拠地図
●源平時代から鎌倉幕府へ
(年表)
●抗争の鎌倉府-北条氏の謀略
●鎌倉武士のユニット-惣領制
●リアリズムの鎌倉-新文化の勃興
●鎌倉の権力者-執権抄伝
●北条氏の宿敵-三浦一族
●鎌倉の鎮守-鶴岡八幡宮

系図は、尊卑分脈を基本として、系図綜覧・古代豪族系図集覧・戦国大名系譜人名事典・ 歴史読本-戦国大名系譜総覧・日本史小百科-家系、その他出版物のものを参考にして作成しました。
[家伝資料:前記に同じ]
ヘッダイメージ




鎌倉武家政権を担った─武将家。

佐竹氏/佐野氏/渋谷氏/島津氏/諏訪氏/武田氏




佐竹氏
●日の丸扇●清和源氏義光流 

新羅三郎義光流の清和源氏。常陸国佐竹郷を本領として、常陸半国に勢力を扶植して常陸源氏と俗称された。源平合戦期には頼朝と覇権を争って敗退し御家人となったが、鎌倉時代には振るわず、室町・戦国時代におおいに勢力が伸長した。頼朝の奥州征伐にさいして、白旗を咎められ、頼朝から日の丸扇を拝領し白旗に添えた、それが家紋「日の丸扇」のはじまりと伝える。
●系図を見る

佐野氏
●三つ巴●秀郷流藤原氏 

秀郷流藤原氏。下野国佐野荘が本領で、もともとは藤姓足利氏の庶流だったが、源平合戦期に本宗足利氏が平家側に立つと、これに反して頼朝に服属。やがて足利氏が滅びると藤姓足利氏の本流を嗣立。戦国期に二流に分流して、俊綱流は豊臣秀吉政権下の大名となっている。
●系図を見る

渋谷氏
●佩(脛)楯(見聞諸家紋)●桓武平氏秩父氏流 

相模国渋谷荘が本領。桓武平氏秩父氏流。源平合戦期の重国は、平治の乱で奥州に落ちのびて行く佐々木一族をかくまっているが、石橋山合戦では平家側で戦った。しかし、直後に頼朝に臣従来し、やがて「無二の忠節」ということで、頼朝から免税の特権を与えられている。のち北条氏に仕えて得宗被官となり、寛元四年の宮騒動で活躍。数多くの所領を拝領していたが、鎌倉末期には薩摩の入来院に移住した。

島津氏
●丸に十字●惟宗氏 

本姓は惟宗氏。初代忠久は頼朝の落胤という説があるが信じられない。近衛家との関係が深く、近衛家領島津荘を本領とし、建仁三年の比企氏事件まで薩摩・日向・大隅三国の守護。なお若狭守護の若狭忠季は忠久の兄弟らしい。鎌倉時代から室町・戦国時代、そして、江戸末期まで大名家として存続した稀有の家系である。庶家として、出水・河辺・新城・宮城・永吉などがある。
●系図を見る

諏訪氏
●諏訪梶の葉●建御名方神後裔 

信濃諏訪神社神職家。建御名方神の系統という。源平合戦期に諏訪神党を組織して活躍、承久の乱前後から北条氏得宗被官となり、鎌倉末期には幕府政権を領導した。全国に諏訪神社が勧請されているが、かつての得宗領の名残だともいう。北条時行の中先代の乱では主力として戦っている。室町期には室町幕臣、戦国期の諏訪頼重のとき武田信玄に倒された。

武田氏
●武田菱●清和源氏義光流 

清和源氏で、新羅三郎義光の三男武田冠者義清より出ている。その発祥地は一般に甲斐国北巨摩郡武田村といわれているが、常陸の武田郷とする説もある。義清から清光を経て信義に至り、以仁王の令旨に応えて甲斐源氏を率いて挙兵し、木曽義仲および頼朝に兵を送って戦功を挙げた。しかし、頼朝は信義の嫡子一条忠頼を嫌って殺し、家督は忠頼の弟石和信光が継ぎ、甲斐守護を安堵された。南北朝時代のはじめ北条氏に従って笠置を攻めたりしたが、中先代の乱に北条時行に加わって大打撃を受け、やがて箱根竹の下の合戦以後は足かが尊氏に属して各地に戦功を挙げた。戦国時代に信玄(晴信)が出て威勢が大井に振るった。 
●系図を見る
 

バック index 戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧