白抜き紋

Contents
●鎌倉の主-征夷大将軍
●鎌倉幕府の執権-北条氏
●鎌倉武家政権を担った武将家
(45家)
●武将家割拠地図
●源平時代から鎌倉幕府へ
(年表)
●抗争の鎌倉府-北条氏の謀略
●鎌倉武士のユニット-惣領制
●リアリズムの鎌倉-新文化の勃興
●鎌倉の権力者-執権抄伝
●北条氏の宿敵-三浦一族
●鎌倉の鎮守-鶴岡八幡宮

系図は、尊卑分脈を基本として、系図綜覧・古代豪族系図集覧・戦国大名系譜人名事典・ 歴史読本-戦国大名系譜総覧・日本史小百科-家系、その他出版物のものを参考にして作成しました。
[家伝資料:前記に同じ]
ヘッダイメージ




鎌倉武家政権を担った─武将家。

工藤氏/熊谷氏/河野氏/後藤氏/相良氏/佐々木氏




工藤氏
●庵に木瓜●藤原南家武智麿流 

藤原南家武智麿流。為憲が木工助藤原氏だったので「工藤大夫」と称したのが最初。駿河に土着した庶家の駿河工藤に対して、東伊豆に蟠居したので伊豆工藤と称した。本家の伊東祐親流は源頼朝に敵対して滅亡したが、狩野・田代・宇佐美は頼朝方として活躍した。九州に下った伊東流は、戦国大名となった。
●系図を見る

熊谷氏
●寓生に鳩●桓武平氏北条流 

桓武平氏北条流。武蔵国熊谷郷が本領。源平合戦期の熊谷直実が有名だが、かれは母方の叔父久下直光に所領の大半を押領されていて、その所領や兵は鎌倉武士のうちでは最小だった。むしろ孫の直国が承久の乱に大功をたて、その子直時が安芸三入荘を拝して移住。子孫は戦国期に毛利氏に属し、幕末まで続いている。
●系図を見る

河野氏
●折敷に三文字●越智氏族 

古代の伊予国造の裔らしい。伊予国河野郷を本領とした海の豪族。源平合戦に通清・通信父子が源氏方となって九州からの平家への兵糧米運送を遮断するなど大功があったが、頼朝に無視されたので、承久の乱では宮方となり、所領の多くを収公された。蒙古襲来にさいし通有が大功を樹てている。庶家に土居・得能・越智・伊予などが出ている。

後藤氏
●下り藤(後裔後藤基次の紋を掲載)●利仁流藤原氏 

利仁流藤原氏の公則が備後守となり後藤氏を名乗ったのが始まりという。則経・則明父子が源頼信・頼義・義家三代に仕えてより源家の譜代の臣。実基・基清二代が義朝.頼朝に仕えて鎌倉御家人となり、以降、鎌倉幕府の評定衆・引き付け衆などを歴任、室町幕臣も多く出した。戦国時代の後藤又兵衛基次はその末という。
●系図を見る

相良氏
●剣梅鉢/十曜●藤原南家武智麿流 

藤原南家武智麿流。もともとは工藤だったが、遠江国相良荘を本領とし、伊豆工藤・駿河工藤に対して遠江工藤と称す。源平合戦によって九州に多くの所領を拝領し、蒙古襲来を機として九州に下向し、肥後人吉を本拠とした。戦国大名の相良氏はその後裔である。
●系図を見る

佐々木氏
●四つ目結宇多源氏●宇多源氏 

近江国佐々木庄が名字の地。宇多源氏。佐々木秀義は平治の乱で源義朝に従って、所領没収となり一族を連れて奥州をさして落ちていく途中で渋谷庄司重国にかくまわれた。のち頼朝の旗揚げにさいしては、定綱・経高・盛綱・高綱の兄弟が最初から加わり、各地において大功を挙げ、各地に所領を拝領した。拝領地に一族を配して佐々木氏は家運おおいに興隆した。庶家に京極・六角・大原・高島・朽木などの諸家が出ている。
●系図を見る

 

バック index 戦国大名探究 出自事典 地方別武将家 大名一覧